ルキノOfficialブログ

国民のとなりのお姉さん、ルキノのブログです。

るきのゆみ

居たくない場所からは、逃げていい。

f:id:noyumi05:20190815231832j:plain



本当は今日から、
とあるダンスカンパニーの公演に出演するため

インドに行っているはずでした。


が。


今わたくし、完全に東京におります。


インド公演への参加、辞退しました。


ビザまで取ったのにね!www


↓インドビザを取るのが大変だった!という記事
luchinon.tumblr.com/post/142463141331/


15年間、舞台やライブ、イベント出演など芸能活動をやってきて、やりかけた仕事を途中で辞退するのは初めてのことです。(今回のインド公演はギャランティなし、交通費など諸経費が自腹だったので仕事、というよりはダンス教室の発表会、という感じでしたが)


カンパニーの主催のやり方に、
どうしても、合わせることが出来なくなってしまった、というのが理由です。


主催は、ワンマン社長!という感じの女性で
カンパニー内では自分の意見を言うことが許される雰囲気ではなく

突然言われる理不尽なことにも、
断れず対応していくしかないという感じでした。


私は元々責任感の強い方で
「周りに迷惑をかける」ということがすごく嫌で


周りに迷惑をかけてしまうくらいなら自分が嫌なことを我慢した方がまし!気が楽!という非常に日本人的な(笑)マインドを持っているので


何ヶ月も前から、
ちょっとこれはしんどいなぁ、と思いつつも

私が抜けたら他のダンサーさんにも迷惑をかけてしまうし、
とりあえず公演が終わるまでは頑張ろう!という気持ちで
なんとかやっていました。


でも、体の方が先に
「もう無理だよーん!!」
って教えてくれた。



きっかけは、
1ヶ月くらい前にひどいめまいに襲われて、
入院したことでした。


その日、友人と晩ご飯を食べていたところ、
突然世界が回り始めて、まっすぐ歩けなくなりました。


最初は、え!なにこれちょっと味わった事がない感覚だ!アトラクションみたーい!と若干面白がりつつ(笑)手すりや壁につかまりながら歩いて電車に乗りなんとか自宅に帰り着きました。


しかしその後もめまいはおさまらず、
ひどい揺れの船にずーっと乗っているような感じで、食事や水分も取れないくらいひどくなってきたので近くの病院に行ったら、すぐに大きい病院に回されて、そのまま入院になってしまいました。


あ、ちなみに、今はもうまっったく元気です!!(笑)
継続性のものではなく、一過性のものだったようで
めまいのめの字もなく、元気に田植えなどやってます(笑)


多分、完全に、ストレスのせいだったと思います。


言いたいことを言えなくて、
やりたくないことを無理してやって。


ストレスで体調を崩すとこまでいって初めて

「ああ、もう、この環境から逃げちゃおう!!」

と思い立ち


長い長い手紙(辞表的な?)を書いて
主催に渡しました。



意外にも、普段なかなかNOを言えないタイプなので、
ものすごく、ものすごーく、勇気と思い切りのいることでした。


でも結果、もちろん迷惑をかけた罪悪感には苛まれたけど


やっぱり無理してまでインドに行かなくて良かったー!!
と思っています。


自分のために逃げる選択をすることは悪いことじゃない、
永遠に罪悪感を感じ続ける必要はない、
無理して頑張り続ける必要はないよ、

と思った。自分に対して。



だから、同じような環境で、

人に迷惑をかけるから、
という理由で仕事を辞められないとか
それで鬱になったり体調を崩してしまうくらいなら


その辛い環境から、
逃げて欲しいな、って思います。


その時は確かにちょっと周りに迷惑をかけてしまうかもだけれど、絶対に、あなたがいなくても組織は何とかなっていきます。


ブラック的な企業ならなおさら「自分が抜けたら周りがしんどくなる」って思っちゃうかもだけれど、そこに残る人は残る選択を自分でしているんです。自分が犠牲になってその人達の分まで背負ってあげる必要は絶対にない。
(そうなっちゃう人は、基本的にお人好し!だと、思うんですけどねー)


同じような環境で悩んでいる人に、
私が、思い切ってびゅーんと逃げた(笑)事例を知って
こういうのもありなんだと知ってもらえたら。


なんか、逃げてもいいのかも!(笑)
と思えるきっかけになったりしたら。と


私が生まれて初めて、人に迷惑をかけて
「逃げた」過程を書き記しておこうと思いました。


なんか、一つ大きい変化だったなーと思う。
自分にとって。


そしてこれからは、
もう本当に自分のやりたくないことはやりたくないです、とはっきり
断れるように「訓練」していこう、と思っています。


これはね、多分慣れだと思うんですよね。


海外の人とかもう本当にはっきりと
「NO!」っていうからね。

小さい頃から、自分の意見をはっきり言うのに慣れてるんだよね。



日本は島国で、単一民族で、


村八分、って言葉があるくらい、
周りに合わせるスキルがないと生きていけない空気が昔からあるし


優しい国民性だから、ついつい

ちょっと嫌だけどこれでうまくいくなら
って我慢してしまう。


学校が
「先生や先輩など、上の人の言うことは黙ってきくものだ。口答えをしない」


という教育をしてきたせいで

「嫌々でも言うことを聞いて、やる」

ということに慣れてしまっているせいもあると思う。


でもこれからは「NO!」と言ったせいで誰かとうまくいかなくなっても
それは私の責任だし


自分のココロの声を
もっともっと繊細に拾って
大事にして

生きていこう、と思った。



そんなきっかけになる出来事でした。


自分を大事にするのは、
全然悪いことじゃないよ!

声を大にして言いたい!自分にも!みんなにも!


他人に合わせて自分を殺して
生きていくためじゃない、

人生をENJOYするために、
地球に生まれてきたんだもの。

f:id:noyumi05:20190815231532j:plain


(2016/5 前ブログより転載)